メルマガ

「ただ聴く」ということ☆

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.370 2019.10.17

「ただ聴く」ということ☆

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です。

この度の台風19号では、
たくさんの方たちが被災され、
亡くなられた方も多くいらして
自然の脅威を改めて感じました。

被災された皆さまが、
一日も早く、平穏な日常を取り戻されますことを
心より、 お祈り申し上げます。

・゜゜・*:.。..。.:*・゜

【残席】のお知らせ

☆「シンプルコーチングレッスン会♪全5回」

【満席】となりました。

☆ブックカフェ
第8回 12/6(金)
麹町中学校の型破り校長 非常識な教え (SB新書) 新書
工藤勇一(著)

【満席】となりました。

ありがとうございます。

・゜゜・*:.。..。.:*・゜

では、本日の記事にいきますね。

私は、時々、クライアントさんから、
ご自身のお母さまのセッションを依頼されることがあります。

それは、

「私の母の話を聴いて欲しい」

という形で来ることが多いです。

今回も、クライアントAさんからの依頼で、
お母さまと、とあるカフェでお会いしました。

最初は、とても緊張されているように見えたお母さまも、
話し出すと、1時間、たくさんのお話をして下さいました。

さて、今回も、私は「聴く」に徹して、約束の1時間になろうとしていた時、
私の頭に、ある言葉がよぎりました。

それは…

「1時間、ただ聴いただけで終わっては申し訳ない。
何か、お母さまに有益なことを言わなくては。」

この瞬間、私のベクトルは、相手から→自分へ←と向かいました。

ひょっとしたら、私の意識の根底に、
「良いセッションで終わらせたい」という自分本位のものがあったかもしれません。

今回のクライアントさんのお母さまは、
私より一回り上の年齢の方です。

私が何か有益なことをと、
お母さまへの承認のメッセージの後に、
ワンポイントアドバイスを始めた瞬間、

お母さまの姿勢が前のめりから、
椅子の背もたれにもたれ掛る、後ろへ引いた形になりました。

そして、

「お若いわね。」

と一言、私におっしゃいました。

その言葉で、私はハッと目が覚めました。

その年齢の苦しさは、66才とは言え、
一回り下の私には決して分かるものではありません。

確かに、どんなことも、
その人の立場になってみなければ分からいことばかりです。

そして、私にとっては1時間聴いていたつもりでも、
その間に、私が相手に伝えたいこと、
自分が話したいことを考えてしまっていたかもしれません。

私の中では1時間近く聴いたつもりでも、
お母さまの長い人生の道のりの中で話したいことは、
そんな時間では到底、「話しきった」というものではなかったのです。

「ただ聴く」ということは難しいものですね。

私達には認知機能というものがあって、
自分の過去の経験則で、
つい意味づけをしてしまいがちです。

でも、これは、今回のケースばかりでなく、
どんなシチュエーションでも言えることだと思いますが、

相手の話をきちんと聴き切った時に、
相手の心の荷物が少しずつでも軽くなってくると、

そこに、隙間が出来、ゆるふわのエネルギーが流れ、
はじめて、相手はあなたの話を聴く準備が出来るのかもしれません。

今日のメルマガの最後に、
私の傾聴レッスン会第3回目でもご紹介している以下の詩をシェアします。

・゜゜・*:.。..。.:*・゜

『子どもの話に耳を傾けよう』    
作 デニス・ウェイトリー(教育学者)

きょう、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、
あなたがどんなに忙しくても。
さもないと、いつか子どもは
あなたの話を聞こうとしなくなる。

子どもの悩みや要求を聞いてあげよう。
どんなに些細な勝利の話も、
どんなにささやかな行いもほめてあげよう。

おしゃべりを我慢して聞き、
一緒に大笑いしてあげよう。
子どもに何があったのか、
何を求めているかを見つけてあげよう。

そして、言ってあげよう、
愛していると。毎晩、毎晩。
叱ったあとは必ず抱きしめてやり
「大丈夫だ」と言ってやろう。

子どもの悪い点ばかりをあげつらっていると
そうなってほしくないような人間になってしまう。
だが、同じ家族の一員なのが誇らしいと言ってやれば、
子どもは自分が成功者だと思って育つ。

きょう、少し
あなたのこどもが言おうとしていることに
耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、
あなたがどんなに忙しくても。
そうすれば、子どももあなたの話を聞きに戻ってくるだろう。

・゜゜・*:.。..。.:*・゜

この週末は、「ただ聴く」にアンテナを立ててみませんか?

そして、気づいたことを聴かせて下さい。

今日の記事はここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

今日もご機嫌な1日をお過ごしくださいませ(^^)

☆ お知らせ ☆

○【シンプルコーチングレッスン会】
(ワークショップ)全5回

「思春期バージョン」もあります。

コーチングの基本をわかりやすく学ぶことで、
コミュニケーションへのハードルが下がり、
アナタも子供もハッピーになります。

○【傾聴レッスン会】全5回

人は安心して話を聴いてもらうと、気持ちが楽になったり、スッキリしたり、
自分の心の声に気づいたり、解決策や方向性が見つかりやすくなります。
又、何より、「聴き手」のあなた自身が、自分の心の声と対話が出来るようになり、
人生への変化を感じるでしょう。

○【引き寄せレッスン会】全6回

オフィスヨウコが提供する「引き寄せの法則」は机上の空論でなく、
「禅」「心の投影の法則」「コーチング手法」等と、
波動が軽い「考え方、捉え方」を土台とした量稽古で、
いつの間にか、本当に望む幸せな人生の現実につながっていきます。

○【ブックカフェ】

1冊の本を囲んでのコーチyokoと仲間とのお茶をしながらの語らいは、
きっと、一人では気づかなかった人生の楽しみを発見するでしょう。

○「ZENカフェ」こと「ZEN&COACHING☆ダイアローグ」

その都度、私からテーマとレクチャーがありますが、
それをきっかけにして、寛ぎの中で、お茶して、語り合います。
2度と来ない今日という日に出逢った仲間と寛ぎの中で、
オープンマインドで、対話(ダイアローグ)を楽しみましょう♪

○【出前講座】

ご自身を含めて【2名】の方と、
場所(例えば、ご自宅、カフェ、コミセン等)のセッティングをして頂ければ、
お日にちさえ合えば、私の方から【出前講座】を致します。

○安心・安全な場で自然とお話(対話)ができる
【個人セッション】

私は、あなたのコーチとして、あなたの話に熱心に耳を傾け、理解し、
あなたを信頼して、あなたが本来のご自身の人生の目的、目標を見つけ、
それを実現して、幸せになるサポートをします。

*単発コーチングセッション(体験)(1回120分) 
*3回コース (1回120分)                    
*6回コース (1回120分)
*12回コース (1回120分)

各種講座・セッション等の詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*「通常」or「思春期バージョン」どちらか選択するレッスン会名
*ご参加の回
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/