メルマガ

中学時代の可笑しくて豊かな思い出♪

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.378 2019.12.12

中学時代の可笑しくて豊かな思い出♪

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です。

では、早速、本日の記事にいきますね。

先日は、「ブックカフェ」第8回目でした。

今回のテーマ本は〜

「麹町中学校の型破り校長 非常識な教え」工藤勇一(著)です。

私は、今回、「ブックカフェ」で参加者の皆さんと、
工藤先生のメッセージを分かち合ったことや、
感想をお聞きしたことで、

この本を、今後、私の講座やセッションを受ける「必須条件にしたい」
と思ったくらいです。

さて、ブックカフェ後、
私は自分自身の中学時代の「可笑しくて豊かな体験」を思い出しました。

今日は、その頃のことを以前にgooのブログに書いたので、
その記事をこのメルマガ用に、加筆編集してお送りします。

しばし、コーチyokoの中学時代の思い出話にお付き合い下さいませ(^^)

gooのブログはこちら〜

https://blog.goo.ne.jp/y-38e13-gk/e/504752ef2eee4760d94ab8bfea64c795

「341.中学時代の可笑しくて豊かな思い出」

では、始めます♪

*・゜゜・*:.。..。.:*・

先日、中学の同級生数人と何十年かぶりで会って、
大いに盛り上がったお話をしますね(^^♪

私が中学校の時(今から51年前)、随分昔だなあ。

理科の先生は京都大学卒らしいけど、
授業は教科書を読んでいるだけでした♪

それも、生徒に順番に読ませて、授業はただそれだけ。

でも、授業参観の時は、メモに書いてきたことを生徒に説明しながら授業をするのです(笑)

生徒は皆、(普段とえらい違いだなあ)と思いながら、
誰も何も言いませんでした。

国語の先生は、当時、東大安田講堂の大学紛争の時で、
完全に学生の味方で、授業をつぶして私たちに説明していました。

当時、中国が毛沢東の時代で、オリンピックに出ていない時で、
その先生によると、
中国がオリンピックに出場すると、
金メダルを全部取ってしまうと教えられました。

しかし、その後、中国がオリンピックに出るようになっても、
そんなことはなかったので、
私は、(あれ?)と思いました(笑)

社会の先生は、しばしば授業をつぶして、
ご自分のヨーロッパ旅行の自慢話をしました。

英語の先生は、私の苗字が『しみず』だったので、
授業中に私を指す時は、下着の「シュミーズ」をもじって、
「シミーズ」 と呼んでいました。

クラスにもう一人『しみず』とい女の子がいて、
私が「シミーズNO!」、彼女が「「シミーズNO2」と呼ばれていました。

彼女は地元の良家の子女で成績も優秀でしたが、
私も彼女も全く気にしませんでしたし、
周りも気にしていませんでした。

むしろ、「先生はよほど、自分のジョークが気にいっているんだなあ」
と達観して見ていました。

極めつけは、担任の数学の先生です。
修学旅行で旅館に泊まった時に、酔っぱらって女子の部屋の襖をあけ、
このメルマガでは書けないようなセリフを言っていました。

こんなこと今やったら、とんでもない先生として、
父兄から糾弾されたでしょう。

しかし、当時、私達生徒も「全くあの先生は、もう!」程度で、
親もあまり気にしていませんでした。

学校では、クラスの男女全員で廊下の隅から隅まで使って、
しばしば、『はないちもんめ』をして盛り上がっていました(笑)

学校の帰りには、自宅と反対方向の本屋に寄ったり、
ソフトクリームや大判焼きを食べに行ったりしました。

そして、その店は担任の先生の家でした(笑)

今、その当時の友人達と話すと、
このかなり可笑しい先生たちの話で盛り上がり、
そして、懐かしく思います。

今、こんな先生や生徒だったら、どんなことになったでしょうか?

全くのんびりして大らかなものでした。

それは、昔だったから?それとも豊橋という田舎だったから?

私は、規制にはめられず自由に、
そして、可笑しな先生達と共に過ごした中学3年間を豊かに思います。

楽しい思い出に感謝です☆

*・゜゜・*:.。..。.:*・

さて、現在の子ども達を取り巻く環境が、
極めて画一的で管理されていて、

もし、私が今、子どもだったら、
中学校に通えたかなあと思ったりします。

こう思うのは、私が年を取ったから?

それとも…

今、時代は大きく変わろうとしています。

麹町中学校の工藤校長のような方が、
少しずつですが、各地に現れてきています。

昭和、平成の価値観を感謝で卒業して、
令和の時代に移行する時が来ています。

今の子ども達は、令和の時代の社会で活躍するように生まれてきています。

「令和の時代用の魂」で生まれてきています。

皆さんの中学時代の思い出は何ですか?

皆さんが育った社会の環境については、どんな風に感じますか?

皆さんのお子さん達は、どんな学校生活を送っていますか?

皆さんのお子さん達が育つ社会の環境については、どんな風に感じますか?

皆さんのお子さん達が巣立つ時、
社会はどんな風になっていると思いますか?

皆さんのお子さん達が活躍する社会は、
どんな風になって欲しいですか?

そして…

渡辺和子さんの著書に、

「置かれた場所で咲きなさい」

があります。

私は、現在は、微力ながら、、
子育て中のお母さん達に寄り添うことで、
令和に活躍する子ども達の応援になれたらと思っています。

私達一人一人が、今、存在する場所から、

一ミリずつでも、子ども達の真の幸せを祈る在り方でいることが、

やがて、世の中全体に広がっていくことになると確信しています。

まずは、自分の思いを言葉にして、
意図を投げることで、現象化してくると感じています。

その為にも、一緒に、思いをシェアして語り合いませんか?
それが、主体的な生き方につながると思います。

今日の記事はここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

今日もご機嫌な1日をお過ごしくださいませ(^^)

☆ お知らせ ☆

○【シンプルコーチングレッスン会】
(ワークショップ)全5回

「思春期バージョン」もあります。

コーチングの基本をわかりやすく学ぶことで、
コミュニケーションへのハードルが下がり、
アナタも子供もハッピーになります。

○【傾聴レッスン会】全5回

人は安心して話を聴いてもらうと、気持ちが楽になったり、スッキリしたり、
自分の心の声に気づいたり、解決策や方向性が見つかりやすくなります。
又、何より、「聴き手」のあなた自身が、自分の心の声と対話が出来るようになり、
人生への変化を感じるでしょう。

○【引き寄せレッスン会】全6回

オフィスヨウコが提供する「引き寄せの法則」は机上の空論でなく、
「禅」「心の投影の法則」「コーチング手法」等と、
波動が軽い「考え方、捉え方」を土台とした量稽古で、
いつの間にか、本当に望む幸せな人生の現実につながっていきます。

○【ブックカフェ】

1冊の本を囲んでのコーチyokoと仲間とのお茶をしながらの語らいは、
きっと、一人では気づかなかった人生の楽しみを発見するでしょう。

○「ZENカフェ」こと「ZEN&COACHING☆ダイアローグ」

その都度、私からテーマとレクチャーがありますが、
それをきっかけにして、寛ぎの中で、お茶して、語り合います。
2度と来ない今日という日に出逢った仲間と寛ぎの中で、
オープンマインドで、対話(ダイアローグ)を楽しみましょう♪

○【出前講座】

ご自身を含めて【2名】の方と、
場所(例えば、ご自宅、カフェ、コミセン等)のセッティングをして頂ければ、
お日にちさえ合えば、私の方から【出前講座】を致します。

○安心・安全な場で自然とお話(対話)ができる
【個人セッション】

私は、あなたのコーチとして、あなたの話に熱心に耳を傾け、理解し、
あなたを信頼して、あなたが本来のご自身の人生の目的、目標を見つけ、
それを実現して、幸せになるサポートをします。

*単発コーチングセッション(体験)(1回120分) 
*3回コース (1回120分)                    
*6回コース (1回120分)
*12回コース (1回120分)

各種講座・セッション等の詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*「通常」or「思春期バージョン」どちらか選択するレッスン会名
*ご参加の回
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/