メルマガ

自ら考える

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.385 2020.02.06

自ら考える

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です(^^)

では、早速、本日の記事にいきますね。

今日の記事は、「前号vol.384」で予告しました

「自ら考える」ということについて、

「西郷隆盛さん」の言葉と、

NHK1月7日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀
〜答えは、子どもの中に〜数学教師・井本陽久さん」の言葉から、

https://www4.nhk.or.jp/professional/x/2020-01-07/21/7558/1669571/

紐解いてみたいと思います。

なぜ、この「自ら考える」というテーマを思いついたかと言うと…

私は日頃、セッションや講座で子育て中のお母さん達と接していますが、
これからの時代を担っていく子ども達と接しているお母さん達にとって、
「自ら考える」という「在り方」の必要性を痛切に感じているからです。

まずは、数学教師・井本陽久さんの言葉から〜

井本先生については、私のブログでもご紹介していますので、
そちらもご参考に〜

https://ameblo.jp/y-38e13-gk/entry-12567503786.html

まず、井本先生がどんな人かというと…

「プロフェッショナル仕事の流儀」のホームページによりますと、

井本先生は、全国から視察が殺到する注目のカリスマ教師(50才)です。
超進学校から児童養護施設まで教室を飛び回り、
子どもたちを輝かせる授業は、
「生徒に魔法をかける」「まるで奇跡のよう」と称賛されているそうです。

又、科目は数学ですが、教科書を全く使わず、
ノートも一切取らせないという型破りな授業。

なぜそれで、「考える力」が伸びていくのか?
教育のみならず、子育てや人材育成などにも生きる「育ての極意とヒント」が満載とあります。

私はこの番組の中で、心に届く井本先生の言葉が幾つかありましたが、
今日は、以下のメッセージをご紹介します。

☆☆☆☆☆

自分がとにかく授業で一番大切にいることは、
出来る出来ないではなくて、
理解する理解していないじゃなくて、

「今、考えているかどうか」ということだけ見ているので、
そうすると、授業が変わりますよね。

少なくとも、ずっと黒板で正解をずっと書く授業って、
何にも考えてないわけだから。

☆☆☆☆☆

そうなんです!

私はこの年齢になって、
又、講座の講師を数多くさせて頂いた身として、

特に、最近感じていることは、
「テキストは重要ではない」ということです。

本来は、「在るがままの受講者一人一人の命のほとばしり」こそが大切だと思います。

「在るがままの受講者一人一人の命のほとばしり」とは…

ジグゾーパズルに例えると、
「在るがままの受講者一人一人のピースの形」であってこそ、
「ジグゾーパズル=世界」は成り立っていきます。

言葉を変えると、

「一人一人のリアルな人生の感覚」です。

その土台の元に、
テキストはあくまでも参考にしか過ぎなく、
本来は、「一人一人のリアルな人生の感覚」に腹を据え、

「自ら考える」ことこそ大事だと思います。

「自ら考える」とは、「世間の価値観」と違うこともあるかもしれません。

しかし、「世間の価値観」は時代によって変化していくもので、
ちょっと前の価値観は、過去のものになったりします。
あてになりません。

テキストも同様です。

例えば、私のテキストもちょっと前の私のご意見発表です。
つまり、過去のものであり、
受講者の「リアルな人生」ではありません。

「西郷隆盛さん」は、次のような言葉を残しているそうです。

「多くの人は、有字の書を読み過ぎて、無字の書を読まない。」

つまり、井本先生流に言うと、

言語(有字)で書かれた教科書、板書ばかりに囚われることなく、

今ここで、リアルな目の前にあることや人から気づき(無字)、
リアルな自分の内から「自ら考える」

そして、行動する。

例えば、井本先生の授業では、
先生から出されたテーマを、
何人かが集まり考えているシーンがあります。

それぞれが影響しあって、先生の予想を超える答えが出たりします。

誰も、事前に、こういう答えを出そうと予定を組んでいた訳ではありません。
しかし、その場がそのように動いたのです。

私の講座もテキストがありながら、
私は、全く違うことが頭に浮かぶと話したりします。

又、受講者同士も、何を言っても否定されないという「安心感」あると、

その時、自分が考えたこと、心に浮かんだことを話したりします。
その方が、遥かに、気づきにつながります。

誰も、事前に、こういう事を話そうと予定を組んでいた訳ではありません。
しかし、その場がそのように動いたのです。

私は、こういうことが、

まさに「勝縁」だと思います。

西郷さんの言われる「無字の書」です。

皆さんは、今日の話をどのように思われますか?

又、ご意見を聞かせて頂けたら幸いです。

今日の記事は、ここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

☆ お知らせ ☆

○【シンプルコーチングレッスン会】
(ワークショップ)全5回

「思春期バージョン」もあります。

コーチングの基本をわかりやすく学ぶことで、
コミュニケーションへのハードルが下がり、
アナタも子供もハッピーになります。

○【傾聴レッスン会】全5回

人は安心して話を聴いてもらうと、気持ちが楽になったり、スッキリしたり、
自分の心の声に気づいたり、解決策や方向性が見つかりやすくなります。
又、何より、「聴き手」のあなた自身が、自分の心の声と対話が出来るようになり、
人生への変化を感じるでしょう。

○【引き寄せレッスン会】全6回

オフィスヨウコが提供する「引き寄せの法則」は机上の空論でなく、
「禅」「心の投影の法則」「コーチング手法」等と、
波動が軽い「考え方、捉え方」を土台とした量稽古で、
いつの間にか、本当に望む幸せな人生の現実につながっていきます。

○【ブックカフェ】

1冊の本を囲んでのコーチyokoと仲間とのお茶をしながらの語らいは、
きっと、一人では気づかなかった人生の楽しみを発見するでしょう。

○「ZENカフェ」こと「ZEN&COACHING☆ダイアローグ」

その都度、私からテーマとレクチャーがありますが、
それをきっかけにして、寛ぎの中で、お茶して、語り合います。
2度と来ない今日という日に出逢った仲間と寛ぎの中で、
オープンマインドで、対話(ダイアローグ)を楽しみましょう♪

○【出前講座】

ご自身を含めて【2名】以上の方と、
場所(例えば、ご自宅、カフェ、コミセン等)のセッティングをして頂ければ、
お日にちさえ合えば、私の方から【出前講座】を致します。

○安心・安全な場で自然とお話(対話)ができる
【個人セッション】

私は、あなたのコーチとして、あなたの話に熱心に耳を傾け、理解し、
あなたを信頼して、あなたが本来のご自身の人生の目的、目標を見つけ、
それを実現して、幸せになるサポートをします。

*単発コーチングセッション(体験)(1回120分) 
*3回コース (1回120分)                    
*6回コース (1回120分)
*12回コース (1回120分)

各種講座・セッション等の詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*「通常」or「思春期バージョン」どちらか選択するレッスン会名
*ご参加の回
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/