メルマガ

「自分まるほめ日記」で元々の素晴らしい私たちを思い出そう

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.422 2020.10.22

「自分まるほめ日記」で元々の素晴らしい私たちを思い出そう

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です(^^)

*・゜゜・*:.。..。.:*・

「ハッピーLINE」のお申込み状況です。

10/22現在、

定員5名【満席】
順番待ち【2名】

もし、ご興味があったら、
メルマガ後方の
【お申込み、お問い合わせ】欄よりどうぞ。

安心・安全をお届けする為に、
過去、現在、オフィスヨウコの講座、個人セッションを受けた人に限ります。

料金は【無料】です。

詳細はメルマガ「vol.415 2020.09.03」をご参照ください。

*・゜゜・*:.。..。.:*・

では、本日の記事にいきますね。

前号「vol.421」でお話したように、

私たちが、「罪悪感」を手放していく過程で、
最も有効なことに、

「自分まるほめ」の量稽古があります。

前号「vol.421」で、お二人の「自分まるほめ」を提唱している方をご紹介しました。

お一人目は、「量子力学」をベースとした村松大輔さん

お二人目は、「脳科学」をベースとした手塚千砂子さん

今日と来週の2週にわたって、お二人の著書の内容をご紹介する中で、

「罪悪感が自分まるほめで癒され解放されていく」効果をシェアしたいと思います。
(お二人のプロフィールは前号「vol.421」をご参照ください)

但し、実際の村松さんの著書は222ページ
手塚千砂子さんの著書は171ページ

本文を引用しながら、
「自分まるほめ」に関する部分の一部だけを抜き取り、
メルマガの限られたスペースでご紹介しているだけですので、
著書を読まれた方がより深まると思います。

お二人に共通するのは、とても分かりやすく読みやすく、
それでいて専門性に富んでいるところです。

常に、現場の皆さんと接しられているからだと思います。
本を手に取るだけで、癒される感じすらあります。

今日の記事は、村松大輔さんの著書〜

「自分発振」で願いをかなえる方法
単行本(ソフトカバー) 2018/11/19

より始めます♪

P33〜
私たちの身体をはじめ、地球上の物質は「原子」でできていると中学や高校で学びました。
しかし、実際にはその下にはさらに小さい「陽子」「中性子」「素粒子」というものが存在しています。
量子力学は、これら目には見えないミクロの世界を解明することによって、
世の中の仕組みを解き明かす学問です。

P41〜
自分発振とは、「意識や感情の波を飛ばすこと」です。
自分がどんな波を飛ばすかによって、
その波を受け取った相手の行動も決まってきます。
「意識」も「感情」も目には見えませんが、
じつは量子力学の世界ではちゃんとした「実体」として確認することができます。
では、なんでできているかというと、「フォトン(光子)こうし」という素粒子でできています。
このフォトンに意識や感情という情報を乗せて「波」となって飛ばしています。

◎「フォトンはそれぞれの周波数を持っている」

P69〜
周波数の単位は「ヘルツ」で表しますが…

大きく分けると、ネガティブな自分発振ほど低いヘルツの波を、
ポジティブな自分発振ほど高いヘルツの波を放出します。
そのため、いつもネガティブな感情を抱えている人は、
その人自身が低いヘルツの世界に生きていることになり、
いつもポジティブな感情を持っている人はその人自身がヘルツの高い世界に生きていることになるのです。

P96 97〜
自分発振をして次元上昇をするための第1歩は、自分自身を大事にすることです。

それは、「相手と自分との関係」ではなく、
「自分と自分自身との関係」を見つめる、ということです。

P106〜
とくに気をつけてほしいのは、「自己犠牲」です。
自己犠牲の意識を発振すると、それが現実化してしまうので、やめてください。
日本人は自己犠牲をよしとする精神が少なからずありますが、
それは自分を認めてほしいという気持ちの裏返しでもあります。
ならばまず、あなたがまず、自分自身をほめてあげなければいけません。

P107 108 〜
「自分と自分自身との関係」をよくするのは、
一見、難しい作業のようですが、ノート1冊あれば誰でも改善していくことができます。
そのノートを使って「自分ほめ日記」をやればいいのです。
これは読んで字のごとく、自分をほめるための日記です。
自分がその日にやったこと、行動したことに対してほめる内容の日記を書きましょう。
「なんだ、そんなことか…」と思うかもしれませんが、この効果は絶大です。
自分が自分自身を潜在的にどのように考えているかがわかるだけでなく、
自分を客観的にほめることで、自己肯定感が自然と上がっていきます。

◎道具は100均のノート1冊あればOK

P111 114 115 118 119
「自分ほめ日記」の場合は、必ずその日の夜に書いてほしいのです。

寝る前に書くことで、その内容を脳に直接浸透させることができるからです。
特に、寝落ちする直前は、脳にアルファ波が出ている状態で、
潜在意識層に「自分ほめ」をした内容がインプットしやすくなっています。
寝ているあいだ、私たちの脳では情報の「整理整頓」が行われます。
そのときに、「自分ほめ」をいっぱい入れてあげることで、
脳の中を「自分ほめ」だらけにすることができます。

◎どんなに小さなことでもいいので、必ず3〜5個考えて書く

◎当たり前だと思ってやっていたことを「すごい」に変える

◎人に対してしたことを「すごい」に変える

では、どんな文章を書けばいいのかというと、
たとえば次のようになります。

・洋服をちゃんと洗濯機に入れたわたし、えらいよね
・食器を流し台まで運んだわたし、いいお母さんだね
・玄関で靴を揃えたわたし、よくやったね

・朝6時半に起きて子どものごはんを作ったわたし、すごい!
・仕事に遅刻せずに行けた、わたしすごい!
・今日は家事をひとつこなせた、わたし頑張った!
・道端に咲いている花に気づいた自分、最高!

・今朝、会社の人に「おはよう」と言えた、わたしちゃんと挨拶できてえらい
・今日、同僚がコピーした資料を運んであげた、わたし気配りできてすごい
・電車で空いていた席に座ろうと思ったけど別の人に譲った、オレかっこいい!

・上司に説教されてムカついたけど、ちゃんと最後まで冷静に聞いた、わたし社会人ととして立派だった!
・あの人にイヤミを言われて悲しかったけど引きずらなかった、わたしよく頑張った!
・今日、先輩に仕事を助けてもらって感謝の気持ちを持てた、ぼくえらい!

さて、著書の引用でのご紹介はここまでとして…

上記の「ほめ日記」の例を読んでいるだけで、いい気分になりませんか?

こちらの著書にもありますが、

私たちは、そもそも素晴らしいのです。

「海」と「波」で例えると、

元々、私たちは「海」です。

今、人生の現れとして「波」で表現していますが、
「波」は常に変化し続けています。

しかし、元々の「海」はただ、そこにどっかりあり、
それは「愛」そのものです。

「自分まるほめ」は、元々の素晴らしい私たちを思い出させてくれます。

だから、「ほめ日記」の例文を読むだけで、いい気分になるのです。

こちらの著書には、他にも、

1.自己肯定感を高める
2.過去の封印を解いて受け入れる
3.相手に寄り添い共感する

…etc.

様々な観点から、幸せな人生の在り方が、
机上の空論ではなく、現場で活用できるよう書かれています。

現在、こちらの本での「ブックカフェ」の依頼もきています。

又、「自分まるほめ日記」を始めた方も多数いらっしゃいます。

皆さんも、ご一緒に「自分まるほめ」の量稽古を楽しみませんか?

尚、村松大輔さんはブログばかりでなく、動画でも毎日分かりやすく解説されています。
「村松大輔ユーチューブ」で検索してみて下さいね。

次号は、
脳科学から「自分をほめることの効果」を提唱されている〜
手塚千砂子さんの著書

「自分もまわりも好きになるほめ日記」
単行本(ソフトカバー) 2020/8/21

の本文を引用しながら、
更に、「自分まるほめ」の量稽古を楽しむ一助にしたいと思います。

お楽しみに〜♪

今日の記事はここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

今日もご機嫌な1日をお過ごしくださいませ(^^)

☆ お知らせ ☆

オフィスヨウコ主催での講座、お話会、ブックカフェ等は「今年8月31日」で終了しました。

個人セッション「6回コース」は、
「今年12月末日」のお申し込みを最終期限として終了します。

講座、お話会は「出前講座」としてお申込み下さい。

現在、講座、お話会、個人セッションは、
「グループLINE」or「zoom」、
「個人LINE」or「zoom」
音声orビデオ通話で承っています
(掛け放題パケットでの音声通話も可能)

○「ハッピーLINE」、

人の脳は21日間で書き換え可能と言われています。
その考えの元に、『21回ハッピーLINE』があります。
私とクライアント(受講者)さんとのLINEの往復です(^^)

5名で満席となりますが、
5名の方が同時に始めたわけでもなく、
進むペースもそれぞれですので、

空席が出来次第、順番待ちの方から、お声を掛けます。

尚、「ハッピーLINE」は、オフィスヨウコ独自のメニューです。
安心・安全をお届けする為に、
過去、現在で、オフィスヨウコの講座、個人セッションを受けた人に限ります。
体験した皆さんから好評を頂いています。

ご興味のある方は、
後方の【お申込み、お問い合わせ】よりご連絡ください。

○【シンプルコーチングレッスン会】
(ワークショップ)全5回

「思春期バージョン」もあります。

コーチングの基本をわかりやすく学ぶことで、
コミュニケーションへのハードルが下がり、
アナタも子供もハッピーになります。

○【傾聴レッスン会】全5回

人は安心して話を聴いてもらうと、気持ちが楽になったり、スッキリしたり、
自分の心の声に気づいたり、解決策や方向性が見つかりやすくなります。
又、何より、「聴き手」のあなた自身が、自分の心の声と対話が出来るようになり、
人生への変化を感じるでしょう。

○【引き寄せレッスン会】全6回

コーチyokoが提供する「引き寄せの法則」は机上の空論でなく、
「禅」「心の投影の法則」「コーチング手法」と、
波動が軽い「考え方、捉え方」を土台とした量稽古で、
いつの間にか、本当に望む幸せな人生の現実につながっていきます。

○【ブックカフェ】

1冊の本を囲んでのコーチyokoと仲間とのお茶をしながらの語らいは、
きっと、一人では気づかなかった人生の楽しみを発見するでしょう。

○「ZENカフェ」こと「ZEN&COACHING☆ダイアローグ」

その都度、私からテーマとレクチャーがありますが、
それをきっかけにして、寛ぎの中で、お茶して、語り合います。
2度と来ない今日という日に出逢った仲間と寛ぎの中で、
オープンマインドで、対話(ダイアローグ)を楽しみましょう♪

○【出前講座】

ご自身を含めて【2名】以上の方と、
場所(例えば、ご自宅、カフェ、コミセン等)のセッティングをして頂ければ、
お日にちさえ合えば、私の方から【出前講座】を致します。

○安心・安全な場で自然とお話(対話)ができる
【個人セッション】

私は、あなたのコーチとして、あなたの話に熱心に耳を傾け、理解し、
あなたを信頼して、あなたが本来のご自身の人生の目的、目標を見つけ、
それを実現して、幸せになるサポートをします。

*単発コーチングセッション(1回120分) 

*6回コース (1回120分)
6回コースに限り、
「今年12月末日」のお申し込みを最終期限として終了します。

各種講座・セッション等の詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*「通常」or「思春期バージョン」どちらか選択するレッスン会名
*ご参加の回
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/