メルマガ

「自分を責める回路」から「自分まるほめ回路」へ

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.423 2020.10.29

「自分を責める回路」から「自分まるほめ回路」へ

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です(^^)

*・゜゜・*:.。..。.:*・

「ハッピーLINE」のお申込み状況です。

10/29現在

定員5名【満席】
順番待ち【0名】

もし、ご興味があったら、
メルマガ後方の
【お申込み、お問い合わせ】欄よりどうぞ。

安心・安全をお届けする為に、
過去、現在、オフィスヨウコの講座、個人セッションを受けた人に限ります。

料金は【無料】です。

詳細はメルマガ「vol.415 2020.09.03」をご参照ください。

*・゜゜・*:.。..。.:*・

では、本日の記事にいきますね。

前々号「vol.421」、前号「vol.422」でお話したように、

私たちが「罪悪感」を手放していく過程で、
最も有効なことに、

「自分まるほめ」の量稽古があります。

前号「vol.422」では、お二人の「自分まるほめ」を提唱している方の内、

「量子力学」をベースとした村松大輔さんの著書〜

「自分発振」で願いをかなえる方法
サンマーク出版 (2018/11/19)

の内容をご紹介する中で、
「罪悪感が自分まるほめで癒され解放されていく」効果をシェアしました。

今日は、お二人目の「脳科学」をベースとした手塚千砂子さんの著書〜

「自分もまわりも好きになるほめ日記」
青春出版社 (2020/8/21)

の本文を引用しながら、
更に、「自分まるほめ」の量稽古を楽しむ一助にしたいと思います。

(お二人のプロフィールは前々号「vol.421」をご参照ください)

但し、今回も村松さん同様、
実際の手塚千砂子さんの著書は171ページあります。

本文を引用しながら、
「自分まるほめ」に関する部分の一部だけを抜き取り、
メルマガの限られたスペースでご紹介しているだけですので、
著書を読まれた方がより深まると思います。

では、始めます♪

P10〜
脳は「主語を選ばない」といわれています。

人からほめられると、私たちはうれしいですね。
「ほめ言葉」を聞くと、脳は幸せホルモンといわれるオキシトシンやドーパミン、セロトニンなどを増やすそうです。
これは心と体を安らげる作用がありますので、増えると心地よい幸福感を得られます。
この脳の反応は、自分で自分をほめても同じなのです。

P22、P24〜
「ほめ日記」は脳が喜ぶ「ほめ言葉」を毎日書くのですから、
幸せホルモンの分泌がよくなり、さらに免疫系や自律神経系の働きがよくなります。
そのうえ、感情のコントロールや集中力、やる気などを司る脳の「前頭前野」は、
セロトニンの活性によって働きがよくなるそうですから、いいことずくめです。

日記のように「手書きで文字を書く」ことは、
前頭前野の血流をよくするといわれているのです。

P24〜
遺伝子の観点から見ても、大きなプラス効果を期待できます。
世界的に有名な遺伝子研究の村上和雄博士によると、
私たちはなんと90%もの遺伝子を使っていないそうです。
しかし、使っていない遺伝子にスイッチを入れて目覚めさせることもできるそうで、
それは肯定的な発想や心の持ち方が大きくかかわっているといいます。

自分自身のよさに目を向け、「自分の命を尊び、自分の存在の価値を認める意識」を高めていけば、
眠っている遺伝子を目覚めさせる可能性さえ見えてきます。

P25〜
「ほめ日記」で自己肯定感を高めていくと、
自信、自立心、社会への適応力、発想力や企画力など、
すぐに生活や仕事に役立つ力がアップするほか、
愛、感謝、思いやり、バランス感覚、豊かな感性など、
目には見えないけれど、人として大切な意識や感覚が、深く豊かになります。

また、マイナス面を改善する力、他の人を尊重する気持ち、人の役に立ちたいという気持ち、共感力など、
内面の力が表面化し、コミュニケーション能力も高まります。

「ほめ日記」はまさに、自分の命の宝さがしだと言えます。

P32〜34
脳がほめられたとわかるように、ほめ言葉を必ず使ってください。
その継続性によって、あなたの脳に「自分をほめる思考の回路(ほめ回路)ができてきます。

もしもあなたが、長年にわたって自分を責め続け、嫌い続けていたとしても大丈夫です。
後天的につくってしまった「自分を責める回路」は、新しく「ほめ回路」を脳につくることで、
だんだん細くなり、自分を責めるクセが出てこなくなります。

「私たちがどう思うかで脳はどんどん配線を変えて、
私たちがいつも思っているような脳に変わっていく」

と、医学博士で脳科学者の高田明和さんも著書に書いています。

◎「ほめ日記」に必要なのは、ノートとペンだけ。

◎いいところさがしに役立つ「10のほめポイント」

P50〜54
1.内面(性格や心の動きなど)をほめる

・今日は疲れたのでダラダラ過ごしたけど、
自分を責めずに、「こういう日もあるよ」と受け入れられた。
進歩しているよ。

2.行動や働きをほめる

・今朝もお弁当作り。よくやっている!愛情がある証拠だね。
・以前から彼に言いたかったことが言えたね。花マル!

3.感覚や感性をほめる

・朝のウオーキング、小鳥のさえずりに心を動かされ、自然の息吹を心地よく感じている自分、感性豊かでいいね。

4. 発想、考え方をほめる

・以前なら悲観的にとらえていたことを、前向きに発想転換できるようになった。
その調子だよ〜。なかなかやるね。

5.努力のプロセスをほめる(結果が出ていなくてもOK)

・「ほめ日記」が時々書けない日もあったけど、
「完璧にできないからダメ」と思わずに、続けようとしている私の姿勢がすばらしいよ。

6.過去の自分をほめる

・過去に大変なことがいろいろあったけど、一つひとつ努力してきたから今があると思える。
よくやってきたね。えらかったよ。もう、大丈夫、これからは幸せがいっぱいくるよ。

7.やらなかったことでプラスのことをほめる

・よくないことがあると、何でも人のせいにして家族を責めていたけど、
最近はそういうことがなくなってきたね。心が広くなってきたみたい。カンシンだね。

8.身体の働きをほめる

・僕の胃は何でも消化してくれて、すごい力を持っている。

9.見た目(容姿)をほめる

・最近、美容院を変えて、ちょっと髪型も変えてみた、なかなかかわいいね。

10.プラスの変化、内的気づき、自己発見をほめる

・小さなことでもほめて自分のよさに気づいていくと、
今までムカついていた人にもいい面があることに気づいた。
成長できている私を感じるって、とてもうれしいし、すばらしい。

◎「生きていること」は、ほめられること

◎自分への感謝(自分の体、自分の命に)

◎他の存在への感謝

◎使う言葉で人生が変わる

その他にも、著書の中には「ほめ日記」で人生がこんなに変わった!という人達の体験談も載せられています。

さて、著書の引用でのご紹介はここまでとして…

私が「ほめ日記」を書き始めて2か月ほど経ちます。
「3日坊主」のサンプルのような私がここまで続けられた秘訣は…

実際、「3日坊主」の壁があり、
うっかり忘れたり、次の日にまとめて書いたりも今でも時々あります。
しかも、字も書きなぐり状態です。

それでも忘れずに書く自分を「まるほめ」しています(^^)

又、自分のテンションを上げる為に、
連番で、日にちの横に番号をふっています。

更にある時から、
最初は、「もしかして、これもまるほめ日記効果〜???」
みたいな感覚から始まり、

今まで、「自分は〇〇だ」と思っていたことが、
ただの思い込みだったと気づきが起きたり、

人生の流れがスムーズに運ばれていることにハッキリと気づきだしたり、

人生への信頼度が圧倒的に増してきました。

それは、言葉では言い表せない不思議な感覚です。

出来れば、皆さんも著書を読まれて、

「自分まるほめ」の量稽古を楽しみませんか?

ブックカフェの出前の依頼もOKです(^^)

さて、次号は、

私のこれからの活動のお話〜

2020年12月末日まで

2021年12月末日まで

2022年3月末日まで

2022年5月以降

主に、以上の期日を念頭に、
私の個人的なお話をする予定です。

読んで頂けたら幸いです。

今日の記事はここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

今日もご機嫌な1日をお過ごしくださいませ(^^)

☆ お知らせ ☆

オフィスヨウコ主催での講座、お話会、ブックカフェ等は「今年8月31日」で終了しました。

個人セッション「6回コース」は、
「今年12月末日」のお申し込みを最終期限として終了します。

講座、お話会は「出前講座」としてお申込み下さい。

現在、講座、お話会、個人セッションは、
「グループLINE」or「zoom」、
「個人LINE」or「zoom」
音声orビデオ通話で承っています
(掛け放題パケットでの音声通話も可能)

○「ハッピーLINE」、

人の脳は21日間で書き換え可能と言われています。
その考えの元に、『21回ハッピーLINE』があります。
私とクライアント(受講者)さんとのLINEの往復です(^^)

5名で満席となりますが、
5名の方が同時に始めたわけでもなく、
進むペースもそれぞれですので、

空席が出来次第、順番待ちの方から、お声を掛けます。

尚、「ハッピーLINE」は、オフィスヨウコ独自のメニューです。
安心・安全をお届けする為に、
過去、現在で、オフィスヨウコの講座、個人セッションを受けた人に限ります。
体験した皆さんから好評を頂いています。

ご興味のある方は、
後方の【お申込み、お問い合わせ】よりご連絡ください。

○【シンプルコーチングレッスン会】
(ワークショップ)全5回

「思春期バージョン」もあります。

コーチングの基本をわかりやすく学ぶことで、
コミュニケーションへのハードルが下がり、
アナタも子供もハッピーになります。

○【傾聴レッスン会】全5回

人は安心して話を聴いてもらうと、気持ちが楽になったり、スッキリしたり、
自分の心の声に気づいたり、解決策や方向性が見つかりやすくなります。
又、何より、「聴き手」のあなた自身が、自分の心の声と対話が出来るようになり、
人生への変化を感じるでしょう。

○【引き寄せレッスン会】全6回

コーチyokoが提供する「引き寄せの法則」は机上の空論でなく、
「禅」「心の投影の法則」「コーチング手法」と、
波動が軽い「考え方、捉え方」を土台とした量稽古で、
いつの間にか、本当に望む幸せな人生の現実につながっていきます。

○【ブックカフェ】

1冊の本を囲んでのコーチyokoと仲間とのお茶をしながらの語らいは、
きっと、一人では気づかなかった人生の楽しみを発見するでしょう。

○「ZENカフェ」こと「ZEN&COACHING☆ダイアローグ」

その都度、私からテーマとレクチャーがありますが、
それをきっかけにして、寛ぎの中で、お茶して、語り合います。
2度と来ない今日という日に出逢った仲間と寛ぎの中で、
オープンマインドで、対話(ダイアローグ)を楽しみましょう♪

○【出前講座】

ご自身を含めて【2名】以上の方と、
場所(例えば、ご自宅、カフェ、コミセン等)のセッティングをして頂ければ、
お日にちさえ合えば、私の方から【出前講座】を致します。

○安心・安全な場で自然とお話(対話)ができる
【個人セッション】

私は、あなたのコーチとして、あなたの話に熱心に耳を傾け、理解し、
あなたを信頼して、あなたが本来のご自身の人生の目的、目標を見つけ、
それを実現して、幸せになるサポートをします。

*単発コーチングセッション(1回120分) 

*6回コース (1回120分)
6回コースに限り、
「今年12月末日」のお申し込みを最終期限として終了します。

各種講座・セッション等の詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*「通常」or「思春期バージョン」どちらか選択するレッスン会名
*ご参加の回
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/