メルマガ

「洋子さん、そろばん教室事件」から紐解く祖母の「今ここを生きる力」

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.433 2021.01.14

「洋子さん、そろばん教室事件」から紐解く祖母の「今ここを生きる力」

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です(^^)

*・゜゜・*:.。..。.:*・

「2022年3月31日」コーチyoko引退までの
メニューと更新内容は、

メルマガ後方の ☆お知らせ☆ をご参照ください。

尚、引退についての詳細は、
「メルマガvol.424 2020.11.05(皆さまへ)」をお読みください。

お待ちしています。

*・゜゜・*:.。..。.:*・

では、本日の記事にいきますね。

今日は、「今ここを生きる」のお手本のような
10年ほど前に、105才で天寿を全うした私の祖母のお話と

「今ここを生きる」とはどういうことか?

祖母と私との多くのエピソードの中の
「洋子さん、そろばん教室事件」から紐解きたいと思います。

先ずは、祖母のご紹介から〜

祖母は、1905年(明治38年)8月30日生まれ
1905年は、日露戦争が終わりポーツマス条約が締結された年です。

その後、第1次世界大戦、第2次世界大戦、
そして、戦後の日本という激動の時代を生きてきました。

でも、祖母そのものは明治生まれの人らしく、

川の流れに逆らわず、抗わず、

目の前にあることを、ただ受け入れ、
自然に対処してきたのではないでしょうか。

祖母を見ていると、「絶対他力」のイメージが浮かびます

又、マイペースでストレスをため込むタイプではないことと、
真から丈夫だったのでしょうね。

実は、亡くなる直前に点滴生活となりましたが、
多分、105歳を間近にして人生初めての点滴で、
それまで薬のご厄介になることもなかったと思います。

そもそも、育った時代が今と違うことと
実にシンプルに、自然と生活していること

私は、実家に帰ると、
日頃、「あ〜でもない、こ〜でもない」と、
わざわざ自分の生活を忙しくしていることに気づき、
とても爽やかな整った気持ちになったものです。

とは言うものの 祖母にも、
私の知らとない大変なことや辛いこともあったでしょう。
しかし、それを表に見せることなく凛として生きたことを尊敬します

さて、「洋子さん、そろばん教室事件」のお話に移ります。

私は、当時の小学生達の例に習って、そろばん教室に入りました。
ですが、友達と遊べないし、
私にとっては全く面白くない所でした。

すぐに嫌になって、
そろばんに行くと家を出て、そのまま友達の家に行って遊んでいました。

一週間位?経ったある日、学校から帰ったら祖母から、
「そろばん教室の先生から来てないって電話があったよ。」って言われました。

私はヤバい!と思いました。

ですが、祖母は、ただその事実を笑いを湛えて私に伝えて、

「何でそんなに嫌なの?」って聞いてきたので、
私は、友達と遊べないことや、
そもそも、そろばんは好きではないみたいなことを言ったような気がします。

そうしたら、

「そろばんは出来た方が大人になった時に助かるから。
じゃあ、3級を取ったらやめても良いよ。」

って、凄く怒られるかと思っていたら、代替案出して来たから、
「3級取ったらやめれるんだ。」って超やる気になって、

その日から、別人のようにそろばん教室一番乗りで、
誰も教室にいない時間でもお構い無く行って、
3級取って、速攻やめました。

もし、祖母に責められて代替案も出されなかったら、

いえ、代替案出されても責められていたら、
やる気にならなかったと思います。

嘘をついて騙していたことを一切責められなかったことも、
やる気になった要因で、
55年以上経った今でも良き思い出になっていると思います。

主人にこの話をしたら、

「親にそろばん教室に行くと言いながら友達と遊んでいたと、
しかも、先生から連絡があったら大騒ぎになって、
大変なことになる」って言っていました。

又、3級取った時点で2級取れって言われるとも言っていました。

祖母はそんなこと全くありませんでした。

こうしたエピソードは、私の育つ過程でいっぱいあり、
今の私を形成するのに、大いに影響したと思います。

祖母を見て感じるのは、

「今ここを生きる」とは、

「今の在るがままを受け入れること」

「今の在るがままを受け入れること」とは、

「今を否定せず、先ずは、この事実を受け入れること」

「事実を受け入れる」とは、

良いとか悪いとか許すとかポジティブとかネガティブとか、
そんな価値判断で評価するのではなく、

ただ、「そうなんですね。」と認めること。

敢えて言うと、マインドフルネスの実況中継に似ているかもしれません。

そうすると、次への流れに抵抗がなくなり、
然るべき所に、然るべき方法で運ばれていくと思います。

これは、量稽古が必要です。
なぜなら、今までのやり方と違うので、
マインドさんが心配して大騒ぎをすると思うから。

1ミリの前進♪

仲間と一緒に1ミリの前進♪

「今の在るがままを受け入れる」レッスンは、
人生の本来の流れに乗るのに必須のような気がします。

「洋子さん、そろばん教室事件」から感じた〜
祖母の「今ここを生きる力」のお話でした。

今のあなたを形成するのに大きな影響を与えた過去の出来事は何ですか?

今日の記事は、ここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

☆お知らせ☆

〇2021年6月30日お申込み期限のもの

・勝縁のグループセッション(出前〜2名以上の参加者)
連続3回以上より承ります。
セッションは参加者の皆さまのお話から始まります。
すべて、LINEビデオ通話、LINE音声電話、ZOOM、携帯電話でのセッションとなります。

参加料:気持ちばかりの感謝を込めて、

1回1000円(1回2時間)となります。
(但し、連続回数まとめてのお支払いとなります)

・連続レッスン会(出前〜2名以上の参加者)
(傾聴、引き寄せ、シンプルコーチング、ZENカフェ)
すべて、LINEビデオ通話、LINE音声電話、ZOOM、携帯電話でのレッスン会となります。

レッスン料:気持ちばかりの感謝を込めて、
通常 1回1500円(1回2時間)のところを、

1回1000円(1回2時間)となります。
(但し、連続5回or6回それぞれにまとめてのお支払いとなります)

・ブックカフェ(出前〜2名以上の参加者)
テーマ本は参加者の皆さまの要望に応じます。
すべて、LINEビデオ通話、LINE音声電話、ZOOM、携帯電話でのブックカフェとなります。

参加料:無料

〇2021年12月31日お申込み期限のもの
単発個人セッション

セッション料:気持ちばかりの感謝を込めて、
通常 5000円(1回2時間)のところを、

4000円(1回2時間)
2000円(1回1時間)となります。

すべて、LINEビデオ通話、LINE音声電話、ZOOM、携帯電話でのセッションとなります。

☆最終セッションを「2022年3月31日」に終了するものとします。

各種講座・セッション等の内容詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*セッションorレッスン会名
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/