メルマガ

日本人の在り方へのメッセージby真鍋淑郎さん

━━━━◇ Coaching ◇━━━━━━━━━━━━

コーチyokoの応援レター
              vol.472 2021.10.14

日本人の在り方へのメッセージby真鍋淑郎さん

*・゜゜・*:.。..。.:*・

◆バックナンバー 
http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53

━━━━━━━━━━◇◇ Office Yoko ◇◇━━

皆さま

おはようございます。

コーチyokoこと東郷洋子です(^^)

*・゜゜・*:.。..。.:*・

「2022年3月31日」コーチyoko引退までの
メニューと更新内容は、

メルマガ後方の ☆お知らせ☆ をご参照ください。

尚、引退についての詳細は、
「メルマガvol.424 2020.11.05(皆さまへ)」をお読みください。

お待ちしています。

*・゜゜・*:.。..。.:*・

では、今日の記事も、

自分の心の徒然なるままに書いていきたい思います。
あくまでも、私のご意見発表です。
読んで頂けたら嬉しいです(^^)

前号「vol.471」にて、地球温暖化の研究で、
「2021年ノーベル物理学賞」を受賞された真鍋淑郎さん(90歳)について、
書いてみました。

今日のメルマガは、更に、
真鍋さんの受賞に際してのアメリカでの会見で、

「同調圧力」や「教育問題」を明快な表現で指摘されたと話題になっていることに関して、

私たち日本人の在り方へのメッセージを言内外に感じたので、
そこを皆さんと共有したいと思います。

真鍋さんのメッセージは、様々な分野について示唆されていましたが、
紙面幅の関係上、特に、このメルマガの読者の皆さんに関係するなあと思う部分について、
コーチyoko的抜粋編集にて、お送りします。

実際の会見では、すべて英語でのやり取りとなっています。
原文は、ネットを検索すると、詳細に掲載されているものがあります。
ご興味のある方は、参考にしてください。
https://globe.asahi.com/article/14456228

では、始めます♪

真鍋さんは東京大学の博士課程を修了後、1958年に渡米され、
アメリカ気象局(現海洋大気庁)で研究員として働き始めます。

1960年代に地球全体の気候モデルを開発され、
大気中の二酸化炭素の増加が、地球温暖化に影響することを世界で初めて示し、
1975年にはアメリカ国籍を取得されています。

以下、アメリカでの受賞に際しての会見の一部です。
「記者からの質問〜Q」と「真鍋さんの答え〜A」と表します。

☆☆☆☆☆

Q.日本からアメリカに国籍を変えた主な理由を教えて下さい。
なぜあなたは国籍を変えたのですか?

A.面白い質問です。

日本では人々はいつも他人を邪魔しないようお互いに気遣っています。

彼らはとても調和的な関係を作っています。
日本人が仲がいいのはそれが主な理由です。
他の人のことを考え、邪魔になることをしないようにします。

日本で「はい」「いいえ」と答える形の質問がある時、
「はい」は必ずしも「はい」を意味しません。
「いいえ」の可能性もあります。

なぜそう言うかというと、
彼らは他人の気持ちを傷つけたくないからです。
だから、他人を邪魔するようなことをしたくないのです。

アメリカでは自分のしたいように出来ます。
他人がどう感じるかも気にする必要がありません。

実を言うと、他人を傷つけたくありませんが、
同時に他人を観察したくもありません。
何を考えているか解明したいとも思いません。
私のような研究者にとっては、アメリカでの生活は素晴らしいです。

アメリカでは自分の研究のために好きなことをすることが出来ます。
私の上司は、私がやりたいことを何でもさせてくれる大らかな人で、
実際のところ、彼はすべてのコンピューターの予算を確保してくれました。

私は人生で一度も研究計画書を書いたことがありませんでした。
自分の使いたいコンピューターをすべて手に入れ、やりたいことを何でもできました。

それが日本に帰りたくない一つの理由です。

なぜなら、私は他の人と調和的に生活することが出来ないからです。
(ここで会場に笑いが起こりました)

☆☆☆☆☆

幾つかのテレビ番組でのコメンテーターの発言からも、
他の分野でもこういうことが起こっていて、
どんどんいい人材が海外に出ていく傾向にあるそうです。

フジテレビの情報バラエティー番組「ワイドナショー」を観ていたら、

科学ジャーナリストの寺門和夫さん〜
「今もやはり日本とアメリカの研究開発の環境を比べると、
アメリカの方が資金も潤沢で、チャンスもあるし、
自由に研究できる。
一方、日本の場合はちょっと残念なのは、
中々資金が潤沢でないのと、
若い人達が能力を発揮するためのポストが厳しくなっている状況の中で、
新しい研究が出てくる素地が段々と少なくなってきている。」

作家でタレントの乙武洋匡さん〜
「真鍋さんのニュースは喜ばしい反面、
こうやって優秀な人材がドンドン海外に流出していくことを
真剣に考える時である。」

元プロサッカー選手の前園さん〜
「海外に行くと、日本人選手はみんな感じると思いますが、
日本だとどちらかと言うと、協調性とか誰かの為にみたいな精神〜
それももちろんチームワークでは大切ですが、

海外では、それよりもまず「個」で何が出来るかということを問われ、
それは育成選手時代からそういう教えの中で来ているので、
日本人が所謂、「点を取るストイックさんに欠ける」というのは、
そういう所から出てきているのかなと感じます。」

と語っておられました。

以上のことは、私たちの生活と遠い所で起こっているようで、
例えば、今回のコロナワクチンや新薬の開発にも通じますし、

もっと身近な所で、お母さん達のPTA活動やママ友との関係にも、
「同調圧力」は起こりえます。

私は個人セッションで多くのクライアントさん達のお話を聞いていると、
周りとの関係や周りとの比較で、
自分の本心をないがしろにした結果、
重たくなっていることを何度も見ました。

これって、一見、周りを気づかっているようで、
自分を守る為に、相手に自分の人生を売り渡しているようにも見えます。

真鍋さんのメッセージ〜

「他人を傷つけたくありませんが、
同時に他人を観察したくもありません。
何を考えているか解明したいとも思いません。」

自分の人生は自分のもので、同時に、相手の人生は相手のものです。

これは、とってもシンプルな以下の言葉で表現できます。

「自己肯定感」

人生は至れり尽くせりのアミューズメントパークですが、
「自己肯定感」が備わっていると、人生が楽しめるようになると思います。

そう思うと、真鍋さんの指摘されたことは、
お子さん達の人生にも大いに関連する問題だと思います。

そんなわけで、先日、複数のグループセッションの皆さんに、

「真鍋さんの今回のメッセージについて対話してみませんか?」

とご提案しましたら、
一つのグループが乗って下さったので、
楽しく対話が出来ました。

「同調圧力」と言うと、固い感じがしますが、

実は、とてもシンプルなことで、
対話の最後の方では、「自己肯定感」と「何があっても大丈夫」という話になりました。

又、機会がありましたら、その時のこともシェアしてみますね♪

皆さんは、真鍋さんの会見を聞いて、
何を感じましたか?

今日の記事は、ここまでです。
何か、お役に立てたら嬉しいです。

では、次回のメルマガでお会いしましょう♪

☆お知らせ☆

〇2021年12月31日お申込み期限のもの
単発個人セッション

セッション料:気持ちばかりの感謝を込めて、
通常 5000円(1回2時間)のところを、

4000円(1回2時間)
2000円(1回1時間)となります。

すべて、LINEビデオ通話、LINE音声電話、ZOOM、携帯電話でのセッションとなります。

☆最終セッションを「2022年3月31日」に終了するものとします。

各種講座・セッション等の内容詳細は、
以下のオフィスヨウコ☆ホームページをご参照ください。

http://office-s-yoko.com/

【お申込み、お問い合わせ】

以下の*印の内容を明記の上、
以下のアドレスにメールにてお申込み下さい。

info@office-s-yoko.com

(私の携帯アドレス、LINEをご存じの方はそちらへ)

*お名前
*ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号

*セッションorレッスン会名
*その他、ご質問等

お返事は、3日以内にお送りします。

携帯電話からのお申込みの場合は、
確実にお返事が届くために、
私の携帯アドレスからお送りします。

3日経っても私からの返事がない場合は、
以下の電話番号までお問い合わせ下さい。

090-6579-8768

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○

◆バックナンバー 
 http://office-s-yoko.lolipop.jp/acmailer3/backnumber.cgi?
◆プロフィール
http://office-s-yoko.com/?page_id=53
◆ブログ「コーチyokoの『I愛メッセージ』」
 http://ameblo.jp/y-38e13-gk/

。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○☆*゜¨゜゜・*:..。o○.。o○☆*

ご意見、ご感想、ご要望等ありましたら
 info@office-s-yoko.com まで。
 お待ちしています(^o^)丿

 配信中止・アドレス変更はこちらから。
 メルマガ解除はこちらより行ってください
 http://office-s-yoko.com/acmailer3/reg.cgi?reg=del&email=togo8008jp@yahoo.
co.jp
────────────────────────────

  発行元 オフィス ヨウコ
  http://office-s-yoko.com/